CSR
CSR PHILOSOPHY
CSR方針・体制

社長メッセージ

portrait

「総合力企業への変革期」スタート

2021年度は「中期経営計画2023」の初年度であり、これからの3年間を、長期ビジョン「西松-Vision2027」達成への道程における「総合力企業への変革期」と位置づけています。前中期経営計画期間の後半は新型コロナウイルス感染症の影響が大きく、社会全体が激しい変化への対応に迫られました。しかし、このような状況においても、これまで培ってきた技術と経験を活かし、優れた建造物やサービスの提供を通じて安心して暮らせる社会をつくり、人々の暮らしを豊かにするという当社の根幹は変わりません。今後は、前中期経営計画の3年間で成長してきた各事業を有機的に連携させることで、企業価値向上と持続可能な社会の実現をめざし、長期ビジョン達成に向けたセカンドステップへの歩みを着実に進めてまいります。

ステークホルダーの皆様におかれましては、西松建設とともに社会におけるさまざまな価値を共創していけるよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長
髙瀨 伸利