CSR
CSR INFORMATION
7+1のCSR活動
産業・サプライチェーン

産業・
サプライチェーン
社会的課題に対応した7+1のCSR活動ポイント

建設産業の発展 
協力会社との適正な関係構築

関連アスペクト(GRI第4版) 
サプライヤーの環境評価、サプライヤーの労働慣行評価

ビジョンとKPI

ビジョン
  • 適正なCSRサプライチェーンの構築
KPI
  1. 年度ごとのNネット会員への発注率(金額ベース)

ビジョン達成にむけて

適正なCSRサプライチェーンの構築

西松建設協力会(通称Nネット)の活性化や上級職長の増員など具体的な活動に取組んでおり、Nネット会員に対する金額ベース発注率の向上など一定の成果も得られています。

建設業の事業活動において協力会社の存在はなくてはならないものであり、重要なステークホルダーです。公正・公平な取引を基本とし、さまざまな活動でWin-Winの関係を構築できるよう取組んでいます。

具体的な取組み

Nネットの活性化

2011年1月に発足したNネットは、2018年3月末時点で1,096社登録されており、その活動範囲はますます拡大しています。各支部においては、社会保険未加入問題に関する講習会やコンプライアンスに関する研修会、また経済動向に関する講演会などさまざまな勉強会を開催しています。

Nネットホームページの改良

ホームページを見やすく、使いやすく改良したうえで、さらに新設ページとして、一般ユーザーが閲覧できる会員会社の会社案内サイトを設けました。これにより会員各社の採用活動を支援しています。ぜひ、下記のURLからアクセスしてください。
http://nnet.nishimatsu.co.jp/

西松マイスター・上級職長の認定者数

優秀な職長を育成する観点から、優良技能者制度を拡充しています。優秀な職長が施工管理や安全管理の中心となることによって生産性の高い現場となることを期待しています。

優良技能者制度年度別認定者数
制度項目 2017年度累計 2020年度累計目標
西松マイスター制度 36名 40名
上級職長認定制度 145名 200名
優良技能者表彰制度 563名
登録基幹技能者資格取得支援制度 63名
上級職長育成支援制度 67名
上級職長育成支援金:50,000円/1名
西松マイスター手当:3,000円/1日
上級職長手当:2,000円/1日

能力向上教育の実施

職長および安全衛生責任者に対し、5年以内ごとの受講を義務付けています。受講費用の負担と助成金を支給し支援しています。

技術発表会への招待

施工技術力の向上を目的に当社主催の発表会に技能者の皆様を招待しています。

  • 技術研究所研究成果発表会(5/26開催)参加者数115名
  • 土木シンポジウム(9/22開催)参加者数63名
  • 建築施工技術発表会(11/2開催)参加者数49名