NEWS & TOPICS
新着情報

2015年11月04日
コアボーリングシステム「Core-DRISS」を山梨県内の山岳トンネル工事で適用 -現場において簡便かつ迅速なコアボーリング手法であることを確認-

 当社は、山梨県内の山岳トンネル工事において,ドリルジャンボを用いたコアボーリングシステム「Core-DRISS」※(写真-1)を切羽前方30m区間の水平コアボーリング調査として適用し、現場において簡便かつ迅速なコアボーリング手法であることを確認しました。
 「Core-DRISS」は本年7月に開発したコアボーリングシステムで、現場での適用は今回初となります。
 
■現場適用結果
 今回、国土交通省関東地方整備局発注の丸滝トンネルにおいて不均質な礫岩地山に対して切羽前方30m区間の連続コアボーリングを実施し、大きなトラブルもなく計画通りの作業サイクルで30m区間の地山試料をロスなく採取することができました(写真-2~4)。作業の迅速性については、今回の適用で1サイクルの作業(1m区間のコア試料採取作業)を15分程度以下で実施可能であることを確認できました。これは、回転削孔式の水平コアボーリングの一般的な作業時間の概ね半分程度に相当します。
 また、本手法のような回転打撃式のコアボーリングでは、一般的にコア試料が2次的な細片化や亀裂の発生といった打撃の影響を受け易くなりますが、本技術では削孔データを使用した地山評価方法(DRISS)を併用していることから、打撃の影響を受けたコア試料の目視だけでは評価が難しい実際の地山性状を精度よく把握することができました(図-1)。

 今回の現場適用結果を以下にまとめます。

●施工性
実際の地山において,トンネル掘削に使用されているドリルジャンボをそのまま使用して、切羽前方30m程度のコアボーリングが可能であることを確認しました。
●工程・コスト
不均質な礫岩地山において、1サイクルの作業(1mのコアボーリング)を15分程度以下で実施することができました。この実績から、従来の回転削孔式の水平コアボーリングと比較して50%程度の大幅な作業時間の短縮とともに25%程度のコストダウンが見込まれます。
●適用性
既往の削孔データを使用した地山評価手法(当社開発システムのDRISS)と併用することで、コア試料の目視だけでは評価が難しい実際の地山性状を精度よく把握することができました。

■今後の展開
 今回の現場適用で得られた知見を活かしてシステムの更なる改良を進め、様々な条件下のトンネル現場に積極的に展開していきたいと考えています。また、採取したコア試料を利用した切羽前方地山の重金属等のリスク評価にも本手法を応用してく予定です。


■「Core-DRISS」に関するこれまでのニュースリリース
 平成27年7月8日 ドリルジャンボを使用したコアボーリングシステム「Core-DRISS」を開発

写真-1 ドリルジャンボに取付けたCore-DRIS

写真-2 坑内におけるコアボーリング実施状況

写真-3 採取コア(L=30m)

写真-4 採取コアの詳細

図-1 削孔データによる地山評価(DRISS)との併用結果