NEWS & TOPICS
新着情報

2017年07月12日
LPWAとIoT技術を活用した“手軽で安価”なインフラ監視システムを開発 ~センサボックスだけで始められるインフラ監視クラウドシステム~

当社は、インフラ施設管理者の維持管理の省力化・効率化を図るため、省電力広域無線通信ネットワーク(以下、LPWA※1)とIoT技術を活用し、導入及び運用が手軽で安価なインフラ監視クラウドシステムを開発し、実証運用を開始しました。
実証運用は、神奈川県川崎市内の工事現場にて現在実施中であり、2018年内の実用化を目指します。

1.背景
当社は、建設投資動向に左右されない安定的事業基盤の確立を目指し、本業周辺への多角化事業展開や新領域事業への参入を目指すなか、今後見込まれる既存インフラの老朽化の進行に伴う維持管理の費用増大に対応するために、インフラ管理者の維持管理業務の助力となるIoT技術を活用したインフラ監視システムの開発を進めているところです。

現状の無線通信を用いた点検技術は、通信機器、通信料、電力供給費用等のコストが高く、本格導入の障壁となっているため、従来の携帯回線等に比べ、低コストかつ低消費電力であるIoT向けの無線通信規格「LPWA」の導入を検討しています。


2.概要と特長
本システムは小型センサボックスを計測したい箇所に設置するだけで、センサで計測したデータを無線通信によりクラウドサーバへ転送し、計測データを管理できるため、スマホ等でいつでもどこからでも閲覧することができます。

本システムの特長は以下の通りです。

①屋外仕様の小型センサボックス(商品化時:9cm×9cm×5cm)内に、センサ・無線通信・乾電池を同梱しているので、ボックスを計測したい場所に設置するだけですぐに利用が開始できます。
②各種センサは、傾斜及び衝撃を計測する加速度センサ、紛失時に探索可能なGPSセンサ、現場環境を把握する温度センサを搭載しています。
③無線通信規格は、LPWAのうち「sigfox(シグフォックス)」を採用し、省電力広域無線通信が可能となり、乾電池で2年以上の稼動期間を確保します。
④提供価格は、既存の類似技術の1/5を目標に開発を進めます。

3.本システムの活用事例
斜面、擁壁、護岸、柱状物などの既存インフラの目視点検では定量的な確認が難しい変状を、安価な設備投資で手軽に確認したい場合を想定しています。

4.今後の展開
現在実施している実証運用を通して更なる改良及び検証を行ない、年内に仕様の確定を目指します。来年以降に実用化を開始し、本システムを通して、既存インフラの維持点検の効率化に貢献します。

5.スケジュール
  2017年内:仕様確定
 2018年内:実用化

 

   

※補足
※1 LPWAとは、「Low Power Wide Area」の略称で、IoT向け通信に適した省電力・長距離通信を実現する省電力広域無線通信ネットワークの呼称。