NEWS & TOPICS
新着情報

2017年10月06日
ジオポリマーに関する特別講演会を開催 -ジオポリマーの世界的権威者ダビドビッツ先生が来社-

当社は、9月28日(木)、当社におけるジオポリマーのさらなる展開を図るため,ジオポリマーの世界的な権威者であるフランスのジョセブ・ダビドビッツ先生と日本におけるジオポリマー第一人者である大分工業高等専門学校の一宮一夫教授をお招きして,社内講演会を本社にて開催しました。

ジオポリマーとは、産業副産物であるフライアッシュ(石炭灰)を使用した次世代のコンクリートです。通常のセメントコンクリートに比べて、耐酸性・耐熱性が高く、下水道関連施設などの酸が発生する環境下や、製鉄所など高温となる環境下での活用が期待されています。また、通常のセメントコンクリートと比べて製造過程で発生するCO2量を80%程度削減でき、環境性の面でも普及が望まれています。

当社は、ジオポリマーがまだ着目されていない2010年から、建設材料としてのジオポリマーの研究・開発を開始し、これまでに多くの研究成果を発表しています。また、その研究成果をもとに、ジオポリマー製のブロック(製品名:ジオポリー)を製造し、施工実績も有しております。さらに、2016年にはジオポリマーコンクリートの現場打設に成功しました。
今後も、セメントとは異なるジオポリマーの特性を活かし、優れた社会資本の形成に貢献していきます。