NEWS & TOPICS
新着情報

2018年04月24日
LPWAとIoT技術を活用した“安価で手軽”な傾斜監視クラウドシステム「OKIPPA(オキッパ)」の提供開始 ~小型センサボックスだけで計測でき、電池で長期間利用可能~

当社は、”安価で手軽“に開始できる傾斜監視クラウドシステムを、2018年5月より提供を開始します。


1.背景
昨今、豪雨、地震、火山噴火などによる土砂災害リスクが高まるなか、インフラ施設の斜面部の点検・監視の必要性が増大しており、様々な監視技術が国内各所で導入されています。
しかし、現状の無線通信を用いた傾斜監視技術は、通信機器、通信料、電力供給費用等のコストが1箇所あたり約800万円前後と高価なため、多くの箇所に導入できず、点検員の巡視による目視点検で対応しています。点検員による目視点検では軽微な変状を捉えづらいうえ、巡視業務は多大な労力が必要です。
この課題を解決するために、当社は省電力広域無線通信LPWA(※1)のうち、Sigfox(※2)を活用した傾斜監視システム「OKIPPA104」を開発し、このたび提供する運びとなりました。


2.本システムの概要と特長
本システムは、小型センサボックスを傾斜監視したい箇所に設置するだけで、計測を開始できます。計測したデータは無線通信によりクラウドサーバへ転送され、パソコンやスマホ等でいつでもどこからでも確認することができます。また、省電力のため、電池で長期間の利用が可能です。

【概 要】
(1)名称
・OKIPPA104(オキッパ・テン・フォー)

(2)センサボックス
・寸法:10cm×10cm×4cm
・重量:約300g
・電源:リチウムイオン電池
・防水仕様:屋外用 IP67
・使用可能温度:-10℃~60℃
・使用可能湿度:20%~80%RH(結露なきこと)
・電池稼動期間:2年間 (1時間に1回送信の場合)

(3)計測項目
・傾斜角度(3軸方向、精度:約0.2~0.3°)
・衝撃検知(2G~16G)
・位置測位(GPSによる)
・方位角 (コンパス機能)
・温度 (ボックス内部)

(4)無線通信規格
・省電力広域無線通信LPWAのうちのSigfox(シグフォックス)

(5)提供価格(税抜き)
・センサボックス本体費:\198,000-/台 (利用可能期間:2年間まで)
・クラウド利用料 : \2,000-/台・月

【特 長】
(1)設置が簡単
屋外仕様の小型センサボックス(寸法:10cm×10cm×4cm)を計測したい場所に設置するだけで計測及び通信を開始でき、給電や通信の配線作業が不要です。
(2)省電力
省電力のため、電池で2年間利用が可能です(1時間に1回送信する場合)。
(3)低価格化を実現
既存の類似技術と比較し、トータルコストを約1/2に抑えることができました。
(4)いつでもどこでも確認可能
パソコンやスマホ等で計測データを常時確認できます。
(5)遠隔操作が可能
クラウド上の管理画面で、計測間隔やアラート通知など設置後の設定変更が可能です。
(6)アラート通知
あらかじめ設定した値を超過した場合に、メール等でアラート通知が可能です。

3.本システムの活用事例
巡視による目視点検が困難な斜面、擁壁、護岸、柱状物などの傾斜を把握したい施設で活用できます。
 


 

図 管理画面例

 

4.今後の展開
本システムを国内のインフラ管理者の維持管理業務に広く提供し、点検業務の省力化を実現することで、安心安全な社会インフラの維持管理に貢献してまいります。

 

※1 LPWAとは、「Low Power Wide Area」の略称で、IoT向け通信に適した省電力・長距離通信を実現する省電力広域無線通信ネットワークの呼称。
※2 Sigfoxとは、IoT 向けのLPWA通信規格の1つ。LPWAを代表するグローバルな通信規格として国内では、政令指定都市を含む主要36都市で利用ができ人口カバー率は65%(2018年3月末時点)。日本では、京セラコミュニケーションシステム株式会社様がSigfoxのオペレーター。