NEWS & TOPICS
新着情報

2018年07月17日
LPWAとIoT技術を活用し、農業分野で計測監視システムの実証実験を開始 -“手軽”に開始できる環境監視クラウドシステム-

当社は、当社が開発したLPWAとIoT技術を活用した傾斜監視クラウドシステムを農業分野に応用し、農作業の省力化を図るため“手軽”に開始できる環境監視クラウドシステムの実証実験を開始いたしました。

■ 背景
農業分野では、営農者や後継者不足のなか省力化推進の取組や、農業所得の向上に向けた多品種化の取組みなど生産管理技術の高度化に併せて、IoT技術を活用した農業の実現が期待されています。
このような状況の中、北海道石狩郡当別町の営農者と検討を重ね、 実証実験に取り組みを開始しました。

 

 

 

■ 今回開発したシステムのメリットと特長
■メリット
① 現地に行かずとも温度・日照管理が可能に
これまでは、畑やハウスに行かないと、温度や日照が把握できなかったものが、自宅にいながら畑やハウスの状況が把握できるようになります。
② 農作物に最適な積算温度・日照時間が計測可能
これまで、営農者の経験によって収穫時期を決めていましたが、積算温度・日照時間が把握できることによって、データに基づいた最適な収穫時期がわかるようになります。

■特長
① 省電力広域無線通信LPWAのうちのSigfox(シグフォックス)を採用
日本では2017年から京セラコミュニケーションシステム株式会社が事業者となり、商用サービスがスタートした低価格・低消費電力・長距離伝送を特長のグローバルIoTネットワークです。
② OKIPPA104のノウハウを生かし、センサBOX設置だけで稼働(電池駆動)
給電は乾電池のみのため、配線が不要で、実証機(写真1本システムの外観デザイン)では1年程度にわたり電池交換の必要がありません。

 

 ③ 計測データはクラウドにて監視、アラーム機能により管理者に通知
計測データは、クラウドにて処理され、あらかじめ設定された計測値を超えた場合には、メール通知します(図1 管理画面例)。

 


 

■ 実証実験の様子
ハウス内


 

屋外

 

■ 今後の展開
実証実験の中で、本システムの改良を重ね、営農者の勘や経験を「見える化」し、“手軽”に開始できる環境監視クラウドシステムを構築し、農業分野における新しいサービスとして実用化することを目指します。
今後も西松建設では、LPWAとIoT技術を活用し、新たな社会貢献につながるサービスや技術開発を進めてまいります。