NEWS & TOPICS
新着情報

2012年06月21日
「愛川技術研究所 見学会」を開催

 

 西松建設(株)は、昨年に引き続き、神奈川県愛甲郡愛川町にある愛川町立菅原小学校5年生の児童81名を招待し、社会貢献活動の一環としての「愛川技術研究所見学会」を6月15日に開催しました。
 2012年3月11日の東日本大震災を踏まえて、地震や津波、液状化現象などに関する事前ビデオ講義を行い、児童からは150件以上の質問がありました。また、震災関連の質問だけでなく、トンネル工事などについても多くの質問が寄せられました。見学会当日は、これらの質問も反映させた上で、個々の現象とその対策を提案している建設業の取り組みを説明しました。
 大型振動台では、震度の違いによる地震被害状況を理解してもらうために、今回の東日本大震災で記録された仙台市と相模原市の震度(それぞれ震度6強と震度4)を再現しました。また、液状化模型実験を行い、対策の必要性とその効果について説明しました。
 事前ビデオ講義と見学会講義の組合せによる実現象の説明を行ったことで、児童たちは土木や建築の技術に対して少なからず興味を持ったように思います。地震や津波に対する防災意識の向上や、建設業に関する理解が深まれば幸いです。
 この小学生を対象とした技術研究所の見学会は、今後も継続する予定であります。