NEWS & TOPICS
新着情報

2021年09月01日
四国支店管内で使用する電力を順次1 0 0 %再生可能エネルギー由来の電力に切替え ~ 2 0 3 0年CO2ネットゼロに向けた取組み~

当社は、2 0 2 1年度から、高知県(知事:濵田省司)および四国電力株式会社(社長:長井啓介、以下「四国電力」)のご協力のもと、当社の四国支店管内の建設工事で使用する電力を、1 0 0 %再生可能エネルギー由来の電力(以下、再エネ電力)に切替える取り組みを開始しました。

第一弾として、支店管内の全ての高圧受電工事の電力に関して、四国電力の再エネプランへの切替えを進めることとし、先ず高知県で施工中の「越知道路新今成トンネル工事(国土交通省四国地方整備局発注)」および「宿毛市庁舎新築工事(高知県宿毛市発注)」の2工事において、2 0 2 1年8月1日から再エネ電力の受電を開始しました。工事施工および事務所などで使用する電力の大部分を再エネ電力化することで、電力使用によるCO2排出を極少化します。

また当該2工事については、高知県営水力発電所(永瀬発電所、吉野発電所、杉田発電所)を電源とした「高知家応援でんき水力1 0 0 %プラン」を活用するため、県内発電・県内消費の「地産地消」モデルにもなっています。なお、このほど同県内で施工開始した「窪川佐賀道路不破原トンネル工事(国土交通省四国地方整備局発注)」においても、今後同じ「水力1 0 0 %プラン」を活用する予定であり、四国支店では、最終的に管内全域における1 0 0 %再エネ電力化を目指しています。

現在当社では、電力会社の再エネプラン(RE100対応)を活用し、全国各地で施工中の工事において再エネ電力への切替えを順次進めるとともに、新たに着工する工事についても、当初から再エネ電力導入を前提とした施工活動を推進していきます。今後、更に再エネ電力の導入を加速し、その他の脱炭素施策も含め、『事業活動から発生する全てのCO2排出量を2030年度までにネットゼロにする』という当社の目標達成に向け、カーボンフリーの取り組みをすすめてまいります。