NEWS & TOPICS
新着情報

2013年06月26日
除染作業の効果を確実に把握し迅速なフィードバック体制を実現するよう 「空間線量率マッピングシステム」を改良

 西松建設(株)は、(独)国立高等専門学校機構 茨城工業高等専門学校と共同で、除染作業における空間線量率分布測定の省力化および除染効果の正確な把握を目指しています。その一環として、昨年は「空間線量率マッピングシステム」1)を開発しました。そして、当該システムを福島県西郷村保健福祉センターにおける除染作業に適用し、その実績から、測定に要する労力を従来の約1/6へと省力化できること2)、ならびに空間線量率の測点位置出し測量が不要で、机上で予め計画した測点で確実に定点測定(同じ地点での繰返し測定)ができ、除染作業前後の値(除染の効果)を正確に把握できることが確認されました。
 そこで、このシステムの能力を活用し、広い範囲に亘る面的除染の効果を迅速に把握し、追加の除染作業の検討等、現場へのフィードバックができる体制作りに取組んでいます。例えば、測点まで測定者を誘導するナビゲーション画像(図-1)に、測定した空間線量率分布を分かり易く簡単に表示できる機能をシステムに標準装備しました(図-2)。また、除染作業後の空間線量率減少量から除染効果を算出し、CADやGISソフト等を用いて分かり易く表現する工夫もしています。
 本システムは、RTK-GNSSによる高精度測位機能(cmオーダー)による測定者ナビゲーション機能が特長の1つです。測位精度を確保するため、基準局(写真-1)と移動局(写真-2)のデータ通信による連携を行います。局間通信には、市中の携帯電話網を利用したインターネットを介する構成と、今回新たに無線通信による局間データ連携を行うことも可能とし、携帯電話網の域内に限定されないシステムとなりました(図-3)。
 現在、除染作業の効果が社会的に大きく注目されています。今後、除染作業に従事する方だけでなく周辺住民への情報提供まで視野に入れ、GPS/GLONASS衛星の見える場所ならどこでも適用可能なシステムの確立を目指し開発に取組んでまいります。

 

1)「空間線量率マッピングシステム」は、西松建設(株)、(独)国立高等専門学校機構 茨城工業高等専門学校、デジメイト(株)の三者共同開発によるものです。RTK-GNSS測位を利用した測点への高精度ナビゲーション機能を備え、高さ方向3測点(地上1cm,50cm,100cm)の空間線量率を1人で測定・記録可能なシステムです。

2)福島県西郷村の保健福祉センター周辺における除染業務(発注者:福島県西郷村、対象面積:約1.6ha)で検証した作業時間は以下の通りでした。

・従来法測点位置出し測量を含め、約2.5日(18人・日で作業の場合)

・本システム測点位置出し測量は不要、空間線量率測定に約2.5時間+基準局設置時間0.5時間


図-1 測定点を示すナビゲーション画像

図-2 移動局のタブレットPC画面

図-3 空間線量率マッピングシステム 無線機を利用した場合の構成

写真-1 基準局設置状況

写真-2 移動局での測定状況