NEWS & TOPICS
新着情報

2013年10月10日
150N/㎜2の高強度コンクリートを超高層RC造住宅に適用

 西松建設(株)は、設計基準強度150N/㎜2(以下、Fc150Nと言う。)の高強度コンクリートを「北品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業住宅棟(D棟)施設建築物新築工事(地上40階、地下2階)」に適用しました。この高強度コンクリートは建築基準法第37条に基づく国土交通大臣の認定を取得しています(認定番号MCON-1770)。
 Fc150Nの高強度コンクリートは1階~2階部分の柱の一部に適用しました。施工方法は柱の立ち上り部を現場打設のプレキャスト部材、柱梁接合部を現場打設の在来工法としました。また、Fc150Nの高強度コンクリートは水結合材比が13%と極めて小さいため、粘性が大きくなって施工性が低下する場合があります。そこで、各種試験により混和材料等を厳選した調合としたことで、ベースコンクリートのスランプフロー75cmを実現し、良好な施工性を確保しました。


工事名称 :北品川五丁目第1地区第一種市街地再開発事業住宅棟(D棟)施設建築物新築工事
事業者 :北品川五丁目第1地区市街地再開発組合
プロジェクトマネジャー :三井不動産レジデンシャル株式会社
設計・監理:株式会社日本設計