NEWS & TOPICS
新着情報

2014年01月31日
超長尺大口径鋼管先受け工法(LL-Fp®工法)の実施工初適用

国土交通省北陸地方整備局発注の国道289号7号トンネル(新潟県三条市)において、超長尺大口径鋼管先受け工法「LL-Fp工法」を地すべり跡地の坑口部(約40m区間)に初適用し、本工法の施工性や掘削時のトンネル変形抑制効果を確認しました。
LL-Fp工法(Long distance and Large caliber Forepiling method)は、ドリルジャンボを使用してφ139.8mmの大口径鋼管を切羽前方のトンネルアーチ部へ超長尺打設し、さらに鋼管から地山へ薬液を注入することで、掘削時のトンネル変形抑制・切羽安定効果を期待する工法です(図1、図2)。また、本工法は専用の削孔機を使用する従来の超長尺大口径鋼管先受け工法と比較して大幅な工程短縮・コストダウンが可能となっています。

図1 LL-Fp工法のイメージ

図2 LL-FP工法の適用状況

 

LL-Fpは西松建設株式会社の登録商標です。