TECHNOLOGY & SOLUTION
PLANNING
計画・設計

計画・設計

調査診断結果を基に、補修の場合、工法選定を行い最適な工法をご提案いたします。補強・改修の場合は、さらに詳細設計を行うことで、最適な補強・改修工事のご提案を行います。

工法選定

一例として、既設タンク基礎地盤の液状化対策工をご紹介します。既設タンクの液状化対策工は消防法における認定制度があります。各工法の概要比較を以下に示します。

工法名 イメージ図 原理 長所 短所
注入固化工法
(浸透固化処理工法)

直下地盤に薬液を注入し、地盤の液状化抵抗強度を増加させます。ゲル状に固化した薬液が地盤に粘着力を付加させることで、液状化を防止します。

  • 狭隘な場所でも可能
  • 無振動・無騒音
  • 配管の撤去・復旧が不要
  • 供用中の施工が可能
  • 細粒分含有率の高い地層には不適
地下水位低下工法

周辺地盤に円筒形の止水壁を築造し、ポンプで排水します。 直下地盤の地下水位を下げることで、液状化を防止します

  • 複数基対応で経済性が向上
  • 液状化層以深に不透水層が必要
  • 排水による地盤の沈下
  • ランニングコスト
  • 配管の撤去・復旧が必要
ドレーン工法

周辺地盤に排水(ドレーン)を築造します。地震時に発生する過剰間隙水圧を速やかに消散させ、液状化を防止します。

  • 経済的である
  • 間隙水の排水によって地盤に多少の沈下がある
  • 施工機械が最も大型
  • 配管の撤去・復旧が必要
鋼矢板リング工法

周辺地盤を円筒(リング)状に囲い、直下地盤の一体化します。 地震による地盤のせん断変形を抑制し、液状化を防止します。

  • 大型タンクには経済的
  • 施工機械が比較的小型
  • 大地震には不適
  • 配管の撤去・復旧が必要

工法紹介

当社の保有する特長的な補強技術を紹介します。

既設タンク液状化対策工法

施工状況

注入固化工法の一種で、地盤にじっくりと薬液を浸透させることで割裂注入を防止するとともに、従来の課題であった薬液の耐久性を解消しました。

ポリベイン工法

ポリベイン
施工状況

筒状排水材 “ポリベイン”を打設し、地震により発生する過剰間隙水圧の上昇と蓄積を抑制するとともに、速やかに消散させることで地盤の液状化を防止します。

西松式ジャッキアップ工法

設置状況
小型ジャッキ

集中制御された小型ジャッキをタンク外周に配置し、不等沈下の補修や、底板の補修を安全に行います。