TECHNOLOGY & SOLUTION
RESEARCH FACILITY
研究施設のご紹介

研究施設

1995年に業界最大規模の大型振動台および遠心振動載荷実験装置を建設しました。ここでは、地震時の地盤、構造物および地中構造部の挙動や被災のメカニズムを明らかにするとともに耐震に関する研究開発を行っています。技術と設備を活用して、これまでに数多くの研究・開発を実施してきました。防災・減災分野から、地球環境の保全までの幅広い分野に挑戦し続けてまいります。