基礎工法

CUW®工法

山留め壁応力材の地下外壁利用技術

CUW(Composite Underground Wall)工法は、仮設山留め壁の応力材であるH形鋼と鉄筋コンクリート外壁や擁壁を、スタッドコネクタで接合して地下外壁を構築する工法です。

CUW工法は、在来工法に比べ、本体の壁厚が大幅に削減されます。また、在来工法と同様の信頼性を確保しつつ建設資材の削減、土地の有効利用、建設コストの低減が実現できます。
壁体の構造には重ね壁と合成壁の2種類があり、建物構造や立地条件、土圧や水圧の条件などによって適切に壁体構造の種別を選択します。

 

 

CUW工法の適用例

地下外壁の配筋状況

 

こんな場面で使われています。
  • Totsukana(トツカーナ)
  • パークタワーあべのグランエア
  • 立正大学総合学術情報センター