低炭素型新素材

ジオポリマー

環境に優しく耐久性に優れた新しい建設材料

ジオポリマーは、アルカリシリカ溶液とアルミナシリカ粉末との反応によって形成される非晶質の縮重合体(ポリマー)の総称です。当社で用いているのは、アルカリシリカ溶液として水ガラスと苛性ソーダを混ぜた溶液、アルミナシリカ粉末としてフライアッシュおよび高炉スラグ微粉末です。ジオポリマーはセメントコンクリートと異なる多くの特長を持っています。例えば、セメントコンクリートに比べCO2を約7割削減できることや、酸に対する耐久性に優れること等があります。当社での実施例として、香川県の小学校にジオポリマーを用いたコンクリート二次製品「ジオポリー®」を日本で初めて採用しました。
 

CO2排出量の試算結果

 

酸性環境での現場試験結果

ジオポリーは西松建設株式会社と日本興業株式会社の共同登録商標です。