山岳トンネル

移動式発破防護バルーン

トンネル掘削のサイクルタイムの大幅短縮

 移動式発破防護バルーンは、トンネル坑内における発破時の飛び石を切羽付近に封じ込めるための装置です。 本装置は、飛び石を切羽付近に封じ込める隔壁となるバルーン部と、バルーン部を効率的に展開・収納するためのフレーム部により構成されています。また、本装置は2tトラックに車載できるようにして、任意の位置にトラックで乗り付けて簡単に展開・収納することが可能な仕様としています。
 発破作業時に本装置を切羽付近に設置することで、飛び石の影響を切羽付近に限定させることができます。これにより、連続ベルトコンベヤシステム等の掘削ずりの搬出設備を今までより切羽に寄せて配置することが可能となり、ずり処理時間を大幅に短縮させることが期待されます。

 

装置の概要

 

移動式発破防護バルーンの展開・収納状況

 

移動式発破防護バルーン使用時のトンネル坑内の設備配置例