山岳トンネル

切羽掘削形状モニタリングシステム

切羽のあたり箇所を可視化して作業の安全性向上と効率化を図る

本システムでは、発破・ずり出し完了後の切羽において、あたり取りを行うブレーカ等の重機に搭載した高速3Dスキャナで切羽の掘削形状を計測します。掘削形状の点群データと設計断面を比較し、設計断面線よりも内空側に残ったあたり箇所を重機キャビン内のモニターにヒートマップ表示させることにより、重機のオペレータが容易にあたり箇所を確認することができます。重機のオペレータは運転席モニター画面のヒートマップ表示を基にあたり作業を行うため、従来のように作業員が切羽直下に立入り、目視にてあたり箇所を確認する必要がありません。

 

システムイメージ

 

ブレーカによるあたり取り作業

 

特殊基準球

 

運転席モニター確認状況

 

計測結果表示例