基礎工法

キャプテンパイル工法「CTP工法」

場所打ち杭用杭頭半固定工法

キャプテンパイル工法は、杭頭部に緩衝材(発泡ポリエチレン)を設置することにより、パイルキャップと杭頭の接合部に杭径よりも小さな断面(絞り部)を構築する工法です。杭に引抜き力が生じる場には、引抜き抵抗として杭の主筋よりも内側に定着筋を配置します。地震時に生じる上部構造物からのせん断力は、プレキャスト製のリング(PCリング)を介して杭に伝達させます。
杭頭を半固定状態とすることで、杭頭に集中する地震時の応力を緩和できるため杭材の損傷を軽減できるだけではなく、杭や基礎梁等のコスト低減が図れます。

 

キャプテンパイル工法概念図

キャプテンパイル工法の施工状況