山岳トンネル

高速ずり搬出システム

常に切羽近傍でずり搬出が可能な連続ベルトコンベヤシステム

 本システムは、従来の連続ベルトコンベヤシステムによるずり搬出作業を効率化し、山岳トンネルの更なる高速掘進を目指す技術です。
 『移動式発破防護バルーン』で発破時の飛石を受け止めつつ『スライド式テールピース台車』のスライド機構を利用することで、連続ベルトコンベヤシステムの延伸作業を行うことなく『自走式クラッシャー』を前進させることが可能です。そのようにして常に切羽の近傍に移動式クラッシャーを配置し、一次ずり運搬距離を短く保つことで、ずり搬出に掛かる時間を削減します。

 

 設備配置例

 

高速ずり搬出システム

 

構成装置

 

高速ずり搬出システム