基礎工法

静的締固め固化改良工法「HCP工法」

液状化対策も可能なパイルド・ラフト基礎※工法

静的締固め固化改良工法は、地震時に液状化の可能性のある砂質土地盤において、液状化対策としての静的締固め砂杭(SAVEコンポーザー)と、建物の沈下低減用のコンクリート杭「締固め固化杭」(Hardening Compaction Pile)を同じ施工機械を用いて造成でき、コストの低減や工期短縮が図れます。また、静的締固め工法の採用により、施工時の騒音・振動の抑止も図れます。

※パイルド・ラフト基礎・・・一般にべた基礎などの直接基礎と杭基礎を併用した基礎形成

 

  

HCP工法概念図