基礎工法

ヘッドロックパイル工法「HLP工法」

杭頭部の地盤を格子状に改良する工法

杭が配置される通り芯に沿って地盤改良体を格子状に造成し、地震時に生じる杭頭部の変位や応力を低減する技術です。改良体の造成方法により、浅層混合処理工法による表層型とソイルセメント柱列壁工法による深層型に分類されます。さらに、杭と杭を連結するグリッドタイプに加え、スパン中央部の改良体を省略したクロスタイプの採用も可能です。

 

【本工法の特長】

1. 杭径の低減などによる杭のコストダウンや基礎梁断面の縮小による基礎躯体のコストダウンがはかれます。

2. 杭の材料や掘削土量の削減により環境負荷を低減できます。

 

 

 

 

ヘッドロックパイル工法の概要図
(深層型/グリッドタイプ)

杭と地盤改良体の施工状況
(深層型/クロスタイプ)