耐震構造技術

ロッキング制震構造システム

建物の浮き上がり許容構造

従来型の免震構造に適さないペンシルビルのような細高い建物に対して、地震時に建物を浮き上がらせることで、地震のエネルギーを吸収する工法です。
柱の足元にダンパーをつけることで、浮き上がり後の着地時の衝撃を緩和します。

 

実証試験状況

ロッキング制震構造システム概要