環境保全

西松式大気浄化システム

NOx.SPMを高効率で浄化する機械式大気浄化システム

本システムは集塵部と脱硝部で構成され、別途これらを制御するための補機類があります。大気汚染物質の浄化は、集塵部の電気集塵機でSPMを除去し、脱硝部の酸化装置、加湿装置、および脱硝装置を用いてNOxを除去します。また、酸化装置を省略した場合は、NOx中の二酸化窒素(以下、NO2)を重点除去するシステムとなります。このように本システムの脱硝には、NOx除去タイプとNO2除去タイプの2種類があります。

【 本工法の特長】
  1. SPM90%以上、NO290%以上、NOx80%以上の除去実績
  2. 常温常圧でトンネル内空気の汚染物質を除去
  3. 再生液による現位置での脱硝性能の回復
  4. 人体および環境に無害な再生液の使用
  5. 再生液は繰返し使用後、下水放流による処理が可能
【設置実績】
  1. 東京都環状第八号線・板橋相生陸橋
    本システムを交差点陸橋下のスペースに設置した例です。陸橋部のシェルター内空気を浄化設備に吸引し、浄化された空気が沿道上に排出されます。
  2. 首都高速道路中央環状線(C2)・山手トンネル
    本システムをトンネル換気所内に設置した例です。脱硝装置等の浄化設備は換気所の風路内に設置され、浄化された空気が換気塔から地上に排出されます。

システム構成図

設置実績1:東京都板橋相生陸橋

設置実績2:首都高速・山手トンネル