耐震構造技術

制震構造

各種の制震ダンパーを適用する制震技術

制震構造とは、高層建物や鉄骨構造のフレーム部分に地震エネルギーを吸収するダンパーを取り付けて地震時の揺れを制御する構造です。制震ダンパーには、弾塑性型、摩擦型、粘性型、粘弾性型と多くの種類があり、建物用途や制御形式により適材適所で利用されます。制震ダンパーの取付方法も斜めブレース、K型ブレース、間柱形式と用途に合わせて使用します。既存不適格建物の耐震補強にも利用されています。

 

実証試験状況(弾塑性型)

こんな場面で使われています。
  • アクアタウン納屋橋