構工法

NSビーム工法

梁上部とスラブをスラブコンクリート強度にて同時に打設するプレキャスト工法

NSビーム工法(Nishimatsu Saving Beam)は、梁上部に床スラブと同一強度のコンクリートを打設して構成される構造であり、コンクリートの打ち分けに必要とされる止め型枠本体の材料や止め型枠を設置するための作業手間が削減でき、施工の合理化・省力化が図れます。

本工法の設計・施工指針に従って作製された梁は、使用限界時に使用上の支障および損傷限界時に修復性を損なう損傷が生じず、また、安全限界時に同指針で定める終局強度と変形性能を有することが、構造性能実験によって確認・証明されました。
本工法は、日本建築総合試験所から建築技術性能証明を取得しております。

 

  

従来の工法とNSビーム工法の比較