海洋土木

トラップ式ダブルリーフ工法(WATAR®:Wave Trapping Artificial Reef)

海岸保全のための潜堤型消波構造物(人工リーフ)

トラップ式ダブルリーフは、捨石マウンドとスリット付RC中空構造物の2段で構成します。 構造物沖側開口部からの戻り流れとスリット部での撹乱により、消波効果を高めるので、従来型人工リーフに比べて、小断面で同等の消波効果を発揮します。低反射であることと、背後域の海浜安定に影響する水位上昇量を大幅に抑えることも大きな特長です。

また、中空コンクリート構造物は陸上で製作するため、海上工事期間が短くなります。この工期短縮と小断面化によって工費も低減されます。
現在では、設置を検討する海域の施工条件に応じて、大型RC中空構造物の分割化、あるいはブロック化が可能となっています。

 

海岸保全のイメージ

RC中空構造物の据付状況(石川海岸)

 

RC中空構造物のブロック化とその時の要求性能を満足する断面(暫定断面対応)

こんな場面で使われています。
  • 美川人エリーフ工事