環境保全

SWP-SVE工法

スーパーウェルポイント工法Rを活用した土壌・地下水原位置浄化技術

本工法は、揚水能力に優れた真空井戸揚水工法(スーパーウェルポイント工法R :SWP工法)と土壌ガス吸引法(Soil Vapor Extraction:SVE)を組み合せ、従来の原位置浄化工法に比べ短期間の浄化が可能です。 SWP工法によってVOCや油等の汚染地下水を効率的に揚水し、地下水面を速やかに大きく低下させることができます。その地下水面の低下によって形成された不飽和層からVOCを土壌ガスとして効率的に回収します。

【本工法の特長】
  1. 汚染地下水の大容量揚水
  2. 従来の土壌ガス吸引法に比べて効率的に浄化
  3. 工期短縮と浄化費用の低減

※SWP-SVE工法は、SKK工法(すっからか~ん工法)をベースにした応用技術です。