リニューアル

3Sセグメント工法(協会)

硬質プラスチックによる下水管きょ更生工法

3Sセグメント工法は、透明で軽量なプラスチック製セグメントを使用した、管きょの更生工法です。 老朽化した管きょ内にセグメントを設置し、既設管との隙間に充填材を注入することで、一体化した複合管を構築します。

 

【本工法の特長】

1. 柔軟な施工性
下水供用下で施工でき、増水時など施工の一時中断も可能。また、曲線施工、部分的な更生、二方向同時施工も可能。

2. 高い作業性
セグメントが軽量なため、人力にて施工可能。また、大型機械設備を使用しないため、占用面積が小さい。

3. 高い信頼性
セグメントが透明なため、目視による充填材の注入管理が可能。

4. 耐震性能の向上
地盤の永久ひずみ1.5%およびレベル2地震動に対応可能な構造。


(財)下水道新技術推進機構から、建設技術審査(下水道)を取得しています。

 

構造概要および3Sセグメント材

 

 

更生完了状況