リニューアル

構造物検査用内視鏡

構造物にダメージを与えず、コンクリート内部を検査

小径のドリル孔を利用して、構造物にダメージを与えずコンクリート内部を検査する「微破壊検査技術」が注目されています。「構造物検査用内視鏡」は、ひび割れや中性化などを目視観察することが可能な、内視鏡を利用した「微破壊調査技術」です。

※構造物検査用内視鏡は、佐賀大学伊藤幸広教授との共同開発技術です。

 

検査状況

ひび割れ検査例