リニューアル

棒形スキャナ

構造物にダメージを与えず、コンクリート内部の展開画像を作成

一般のコア抜きによるコンクリート検査では、穿孔の際に鉄筋を切断する可能性がありました。棒形スキャナは、小径の検査孔を穿孔し、孔内にイメージセンサを挿入してコンクリート内部をスキャニングすることにより、鉄筋を切断することなく簡易にコンクリート内部の展開画像を作成できる検査技術です。

※棒形スキャナは、佐賀大学伊藤幸広教授によって開発された技術です。
※西松建設(株)と(株)計測リサーチコンサルタントは、棒形スキャナについて技術提携を行っています。

 

検査手順

 

検査状況