情報化施工

3D施工支援システム

既存の3D-CADに必要な機能を一つに集約・測量から土量管理までの効率化を実現

土木工事において設計や施工支援に3D-CADを活用した事例が近年増えてきている。3D-CADは、形状データを一元的に管理でき、任意位置の断面図をすぐに作成できるなどの利点がある。一方、2D-CADに比べ操作が複雑であり、習熟にかなりの時間と経験を要する。

そこで今回、簡単な操作で対応できるような3D-CADを利用した土工事施工管理用システムを開発した。本システムは、既往3D-CADソフトに現場作業で必要となる測量支援、出来形管理、出来高(土量)管理の機能を集約、アドオンしたソフトである。設計・測量の3次元データから盛土・切土形状の3次元化が簡単にでき、土量計算から帳票出力までの操作が簡易化できるため、現場管理作業の効率化につながる。

 

3D施工支援システムによる出来高管理(土量管理)

3D施工支援システムの表示画面