地盤改良・液状化対策

ハイグレードソイル(HGS)工法(協会)

補強・軽量化による現地発生土利用工法

ハイグレードソイル(HGS)工法は、建設発生土や浚渫土を用いて補強・軽量化を行い、高度で多目的なニーズ に対応する混合補強土を作製する工法です。次の4種類の工法があります。

 

1. 気泡混合土工法
土に水、固化材、気泡を混合して流動化・軽量化を図った工法です。山岳地や軟弱地盤上で の盛土、橋台等の裏込めに利用します。利用します。

2. 発泡ビーズ混合軽量土工法
土に発泡ビーズを混合して軽量化した盛土工法です。山岳地・地すべり地や軟弱 地盤上の盛土、橋台等の裏込めに利用します。

3. 短繊維混合補強土工法
土にポリエステル等の短繊維を混合して、強度や耐侵食性等の向上をはかる工法です。 切土・盛土法面の被覆に利用します。

4. 袋詰脱水処理工法
ジオテキスタイル製の袋を利用して河川・湖沼・港湾の浚渫土等の含水比を低下させたり、 環境汚染物質の封じ込めを行う工法です。多自然型護岸や盛土等に利用します。

 

  

ハイグレードソイルの種類