処理施設

クローズドシステム最終処分場(研究会)

”廃棄物をコントロールする”新しい処分場

クローズドシステム処分場は覆蓋と遮水工で外界の大気や自然水系から遮断されており、次のような特長があります。

【本工法の特長】
  1. 周辺環境や景観と調和する、廃棄物処理に対しクリーンなイメージの施設です。
  2. 閉鎖空間であるため廃棄物の飛散・流出や臭気の拡散を防ぐことができます。
  3. 降雨、降雪などの自然現象に左右されず、浸出水発生量の制御が容易です。
  4. 浸出水がほとんど発生せず、地下水への影響が少ないため、対応も容易です。
  5. 再資源貯蔵施設として長期間の使用が可能です。
  6. 人工地盤などで覆蓋した場合は埋立中も地盤上の土地利用が可能です。

屋根付きタイプ

上部利用タイプ(人工地盤)

上部利用タイプ(盛立て)

 
詳しくはこちらをご覧ください。最終処分場技術システム研究協会ホームページ
こんな場面で使われています。
  • 大仙美郷環境事業組合一般廃棄物最終処分場
  • 西別府管理型クローズド式最終処分場