震災復興関連

空間線量率マッピングシステム

高精度測位によるナビ機能と空間線量率分布の自動記録を実現した簡単計測システム

空間線量率マッピングシステムは、空間線量率分布計測において作業の省力化および除染効果の正確な把握を実現した放射線量計測システムです。除染作業を行う際、作業エリアが広範囲に及ぶため、空間線量率の計測に多大な労力が必要となります。本技術は、空間線量率分布の計測を精度よく効率的に行えるよう、RTK-GNSS 測位技術を活用した高精度ナビゲーション機能を有し、高さ方向3 測点(地上1cm,50cm,100cm)の空間線量率を計測者1 人で同時に計測・記録が可能なシステムです。
 

  

 

空間線量率マッピングシステムは、西松建設(株)、(独)国立高等専門学校機構 茨城工業高等専門学校、デジメイト(株)の三者共同開発によるものです。