緑化

根をリサイクル工法® 根を堆肥

伐採木をチップ化、堆肥化して再利用する法面緑化工法

「根をリサイクル工法 根を堆肥」は伐採根、伐採木をのり面緑化工の植生基盤材として現場内で再利用し、機械化施工により効率的かつ安全に法面に吹き付ける工法です。
施工手順は、現場で発生した伐採根・伐採木を1インチ程度の大きさまでチップ化し、発酵副資材を添加して発酵を促進し、3ヶ月程度で堆肥化します。堆肥化したチップに種子、接合剤等を混合し、バックホウに装着した回転式ノズル(名称「シゲル君」)によりのり面に吹付けます。

施工概要図

 

こんな場面で使われています。
  • 大野城環境処理センター
  • 能美郡美化センター埋立処分地
  • 嘉麻最終処分場
  • 樺戸(二期)農業水利事業 徳富ダム
  • 工事用道路利賀トンネル(3工区)工事
  • 可部高校全面移転整備・寺山公園整備受託事業
  • 石井ダム
  • 大津信楽線24号橋