都市トンネル

複合式シールド工法

地盤条件に応じて切羽安定機構が選択できるシールド工法

複合式シールド工法は、1台のシールドで土質状況に対応した切羽安定機構を選択できるシールドです。土圧式、泥水式の両機能を装備しているため、土質状況の変化に対応した切羽安定機構の選択が可能で、複雑な地盤においても安定した掘進が可能です。掘削土の排土は、土圧式と同様にスクリューコンベアで行い、スクリューコンベアからトンネル坑内は流体輸送で行います。

複合式シールド