都市トンネル

分岐シールド工法

地中で分岐発生可能なシールド工法

分岐シールド工法は、本線シールド機とその内部から横方向に発進する分岐シールド機により、T字に交差する2本のトンネルを同時に築造するシールド工法です。
分岐位置までの本線シールド機は、前胴・中胴・後胴で構成され、分岐シールド機を中胴部に内蔵しております。 中胴部は二重スキンプレート構造とし、内側スキンプレートは分岐シ-ルド機の発進口を有し、外側スキンプレート がそれを覆っています。分岐位置に到達後、前胴部と外側スキンプレートのみを前進させ、分岐シールド機の発進 口を地山内に現します。分岐シールド機が初期掘進完了後、本線側も掘進を再開し、本線シールドと分岐シールド が同時に施工できます。

分岐シールド発信口の開口状況 本線シールドと分岐シールドの
同時施工状況

 

こんな場面で使われています。
  • 谷町筋管路(分岐シールド)