都市トンネル

泥土圧式親子シールド工法

異なる断面のトンネルを1台のシールドで連続構築

路線の途中で断面の大きさが異なるトンネルを1台のシールドで連続して築造するシールド工法です。 大きな口径用の親機に小さな口径用の子機を内蔵した二重構造のシールドで掘進し、断面変化部で子機を親機 から分離発進することにより、異なった2つの断面のトンネルを施工することが可能です。

こんな場面で使われています。
  • 下水道高槻島幹線