都市トンネル

縦二連分岐式シールド工法

分岐型H&Vシールド工法

円形のシールドを組み合わせた複円断面シールドで発進し、地中で分岐して、到達地点が異なる2本のトンネルを同時に築造するシールド工法です。
シールドは、前胴、後胴それぞれでスペーサーを介して連結ピンにより接続しています。前胴側スペーサーはスライド面をもつ2分割構造として、縦二連時の中折れが独立して操作可能で、姿勢制御を可能としています。

縦二連分岐シールド 地中分離後に2方向へ掘進

 

こんな場面で使われています。
  • 南台幹線