都市トンネル

カップルバード®工法 

シールド工法による道路トンネル分合流部施工法

カップルバード工法は、道路本線トンネルとランプトンネルの分合流部をシールド工法で構築する技術です。
道路分合流部区間では、合理的な断面を構築するため、シールドトンネルの構造は突起を有しています。突起となる拡張セグメントを押し出す空間を確保する余堀り機構には、地山条件や押出量に応じて、コピーカッターあるいはリトラクタブルシールド機(格納しておき任意に出し入れが可能なシールド)を使用します。拡張セグメントを押出した本線トンネルとランプトンネル間は、山岳工法で掘削して、鋼殻による梁材で両トンネルを接合します。
トンネル間の掘削は、長尺フォアパイリングなどの補助工法の併用により、安全かつ確実な施工が可能で、従来工法による分合流部施工に比べ、コスト縮減・工期短縮が図れます。