都市トンネル

GFRCセグメント

シールド機で直接切削可能なセグメント

シールド工法で大深度に道路トンネル分合流部を構築する技術として、シールド機で容易に切削が可能なガラス繊維補強コンクリートセグメント(GFRC:GlassFiber Reinforced Concrete セグメント)を開発しました。
これにより、先行トンネルに後行トンネルをラップすることが可能となり、二本のトンネル間の切拡げるスパンが短くなるため、分合流部の覆工を合理的で経済的な構造とすることができ、また、全体幅の縮小で必要な用地占有が少なくなります。

セグメント切削により構造体の幅を低減した分合流部を構築するイメージ

 

GFRCセグメント切削状況