山岳トンネル

切羽前方地質探査「TSP203」 

弾性波反射法を利用した切羽前方地質を探査する技術

TSP(Tunnel Seismic Prediction)203は坑内で発生させた人工地震波(弾性波)の反射現象を利用した探査手法です。
探査では、まずトンネル切羽後方60-70mの側壁で小発破を行い、弾性波を切羽前方に送ります。そして、切羽前方のぜい弱層で反射した弾性波を計測し、そのデータを解析して切羽前方地質を探査します。ぜい弱層前後の弾性波速度の変化や、ぜい弱層の走向、傾斜などを3次元的に評価して、掘削前に前方の地山性状を明らかにします。
これまでのTSP202に比べると、3次元化による立体的な解析ができるようになり、探査精度が向上しました。 また、約3時間程度でレポート作成まで可能になるなど、解析時間も短縮しました。

概要図 解析装置