山岳トンネル

TBM高精度切羽前方探査システム 

TBMデータを利用した切羽前方探査システム

本探査システムは、TBM掘削時の掘進データおよび削岩機の穿孔データを利用した切羽前方探査(DRISS)から構成されます。このシステムでは、掘削時にリアルタイムで計測されるTBM掘進データをTBM切羽前方の地山性状の予測に利用し、条件判断した上でDRISSを効率よく実施します。

 

【本システムの特長】

1. 切羽前方の脆弱層の接近をTBM掘削データ(推定岩盤強度)の挙動から、施工サイクルに影響を及ぼすことなく察知できます。

2. 必要な数量・区間長のDRISSを集中的に適用することにより、脆弱層のより正確な位置・性状をDRISSのみの適用時に比べて効率よく把握することができます。

3. TBM掘削データによる探査法およびDRISSの組合せにより、崩壊によるTBMの拘束等のトラブルが回避でき、リスク管理に活用できるとともに工期の短縮が期待されます。

こんな場面で使われています。
  • 駿河東清水線新設の内安倍川横断洞道工事