山岳トンネル

PS-Tad®

掘削軸方向変位を用いた切羽前方地山性状の予測評価技術

PS-Tad(Prediction System - Tunnel axial displacement)は、A計測として坑内計測点で測定される変位データのうち、従来、活用されていない掘削軸方向の変位に着目し、掘削に伴う変位量の増減傾向(Tad-Chart)から切羽前方の未掘削地山における性状(硬軟)の変化、特に脆弱層の有無を予測・評価する技術です。

※本技術は、国立大学法人山口大学との共同研究成果であり、現在も共同研究を継続中です。

PS-Tad概要図 Tad-Chartの基本形

 

PS-Tadは西松建設株式会社の登録商標です。