山岳トンネル

トンネル変形予測システム(PAS-Def)®

切羽前方探査技術と数値解析を組み合わせて切羽前方の変形挙動を迅速に予測

地下深部を掘削することが多い山岳トンネルでは,掘削時のトンネル変形のリスクを常に抱えており,それをいかに正確に予測し,対策を迅速に講じるかが非常に重要となっています。PAS-Defでは、当社が保有する切羽前方探査技術(DRISS)と数値解析技術や計測工を統合させ、現場で簡便かつ迅速にトンネル変形の予測を可能としました。
本システムは『変形予測サブシステム』と『変形評価サブシステム』から構成され、これらサブシステムを継続的に運用することにより精度の高い変形予測が可能となります。

【変形予測サブシステム】
DRISSデータから独自の換算式を用いて切羽前方地山の弾性係数(E1)を求め、その予測値を基に数値解析(順解析)を実施して切羽前方の変形予測を行ないます。
【変形評価サブシステム】
トンネル掘削時の変位計測結果と数値解析(逆解析)から掘削地山の弾性係数(E2)を評価します。またその結果からE1の予測式を適宜見直すことにより、変形予測精度が持続的に向上します。
 

【PAS-Def:Predictive and Analysis System for tunnel Deformation】

 

システムの概要

システムの構成と実施フロー

PAS-Defは西松建設株式会社の登録商標です。