基礎工法

本設地盤アンカー工法「PTC工法」

構造物の浮き上がりを防止する本設地盤アンカー工法

PTC工法は、構造物の基礎に用いる永久地盤アンカー工法です。主に、地震や暴風時に基礎に大きな引抜力が生じる高層建物や搭状建物、および地下水位が浅い地盤で水圧による浮き上りが生じる建物に適用します。 PTC工法は、耐久性に優れ、アンカー部材は工場で製作・組立てるために高い品質を確保できます。また、圧縮型 アンカーなので、安定した力学性状を示します。

※PTC=Permanent ground anchor of Tible-Compression type (タイブルを用いた圧縮型永久地盤アンカー)

 

PTC工法の適用例

アンカー挿入状況

 

こんな場面で使われています。
  • イーグレひめじ