山岳トンネル

切羽前方の重金属類調査技術

ノンコアボーリングで切羽前方の重金属類溶出リスクを調査

本技術は、切羽前方の地質探査と同時にノンコアボーリングで得られる地山試料(以下、くり粉)を用いて、掘削前に重金属類の溶出リスクを評価する調査技術です。
地山に重金属類の溶出リスクがある現場では、施工中に掘削ずりを分析し、基準適否を判定した上で搬出先の仕分けを行います。ここで、仮置場の用地が十分に確保できない場合、掘削前に重金属類の調査が必要となります。従来、掘削前の調査はコアボーリングで得られる試料を用いて行われますが、迅速性とその費用に課題がありました。本技術は、汎用施工機械のドリルジャンボを使用したノンコアボーリングで得られるくり粉を分析試料とし、従来より短期間かつ低コストで調査が可能です。

試料採取イメージ

本技術による重金属類調査フロー