山岳トンネル

一次インバート施工管理システム 

早期断面閉合における安全で高品質なトンネル構築支援技術

本技術は、不良地山の沈下・変形抑制対策として切羽近傍で一次インバートを施工し断面閉合を図る際に、切羽の押出し変状をリアルタイムで監視するとともに、インバートの出来形を効率的に高精度で計測管理するシステムです。これにより作業の安全性が確保され、高品質なトンネルが実現できます。
なお、山岳トンネル工事の施工管理に多くの実績を有するトンネルマーキング・計測システム「TopLun」※に追加する形で廉価に使用することができます。
※本システムの共同開発者である (株)ソーキが販売リースする技術

一次インバート施工管理システム概要図

一次インバート施工状況事例