山岳トンネル

超長尺大口径鋼管先受け工法(LL-Fp工法®)

トンネル堀削機械のドリルジャンボを使用することで施工性向上・コストダウンを実現

LL-Fp工法は、専用機械を使用することなく、山岳トンネルの掘削機械であるドリルジャンボを用いてφ139.8mmの大口径鋼管を長区間打設する超長尺大口径鋼管先受け工法です。
山岳トンネルにおいて既設道路や地中構造物等の直下を掘削する際、トンネル掘削に伴う地山の変形・沈下がこれらの既設構造物に重大な影響を及ぼす恐れがあります。本工法は、その際の有効な変形・沈下抑制工法として開発されたもので、1シフトが20mを超える超長尺大口径鋼管の切羽前方への打設・地山注入により、掘削前にトンネルアーチ部に剛体の“傘”を形成し、掘削に伴う近接構造物への影響を最小限に抑制しようとするものです。

【LL-Fp工法:Long distance and Large caliber Forepiling method】

システムの概要

 

  

施工状況

LL-Fpは西松建設株式会社の登録商標です。